ポケモンGO海外遅報

海外で報道されたポケモンGO関連のニュースのまとめサイトです。

    sub-buzz-13391-1468317343-1

    子供が父にポケモンGOを教えました。
    父はドハマりしました。
    父が二日間も家を離れてしまいました。
    母ちゃん子供にマジギレ←今ここ 

    ソース元記事:22 Mums Who Are Confused AF About This Pokémon Go Thing 



    海外で多くの教会がポケモンGOのポケストップとして登録されている事が話題になっていました。
    その為、クリスチャンじゃない人やや自分が所属していない 教会に訪れるプレイヤーが教会の周辺を徘徊・侵入するようになりました。
    (個人的な意見と言えば教会は扉は常に開かれていて、誰でも迎え入れる場所のはずだとは思いますが。)
    Rick Wiles牧師は「ポケモン」を「サイバーデーモン(電子悪魔)」として強く非難しています。
    携帯を片手に我々の教会 を徘徊し、携帯をかざして覗き見みたり、バイクに乗った屈強な男が教会の周りを走り回り、教会の中に悪魔を植え付けてると言います。

    ただ番組の出演者曰く「彼ら(プレイヤー)が教会の中に入るのを怖がっているだけじゃないか!」という流れで番組は終わりました。

    (続きにおまけ動画を設置しました、英語ですが0  【ポケモンGO:サイバーデーモン「ポケモン」を恐れる牧師】の続きを読む

    optimal

    一、ポケモンGOプレイヤーのTom Currie氏は二ヶ月フルタイムでポケモンGOをプレイする為に仕事を辞めた事が話題になっています。
    というよりも熱中しすぎて仕事を首になったのではないでしょうか?
    彼は子供の頃がポケモンシリーズが好きだったようでして、六年間彼が務めていた職場を辞めてしまったようです。

    The Guardian紙のインタビューを受けた時点では151匹中の90匹を既に捕らえたようです。
    そんな彼でも未だに伝説のポケモンを捕まえた事はないらしく、何らかの特別イベントでのみ捕獲可能という事なのかもしれません。
    もしそうなのであれば、二ヶ月間に全てを集めようとするTom Currie氏の夢は達成されない事でしょう。
    ただ、現時点で捕獲可能のポケモンは捕まえる事ができるのかもしれませんが。

    ウワサではTom氏は休暇延長を要求しているとかしないとか。

    ここまで夢中になれるゲームを見つけられるのは羨ましい話です。

    ソース元記事:Pokemon GO Player Quits Job to Play the Game Full-Time  【海外:ニュージーランドの男性ポケモンマスターになるために仕事を辞める】の続きを読む

    このページのトップヘ